食事制限と黒酢ダイエットをするためには

黒酢ダイエットはサプリメントなら飲めます。黒酢は苦手なので・・・

まず黒酢ダイエットする為には自分がダイエットするぞっという心構えをちゃんとすること、これがないといくら頑張っても制限以上に食べてしまうので意味がないです。家族が居る方は家族皆が一丸となって黒酢ダイエットに協力すること、たとえば悪いところを言って責めてもらうとか、でも気持ちが弱い時にされると自殺したくなってしまったりとかあるので人によっては協力も良し悪しですが、彼氏にこの辺のお肉なんとかならないの?とさわってもらうとかもかなり精神的にきます。こんな感じのことをを1番始めにするといいことだと思います。

次にルールを決めること、たとえば朝起きて今日はダイエット食を食べるけど明日は食べないとかではなく、毎日できるだけ決まった時間に食べるように習慣づけることが良いと思います。私の場合ですが一日の活動量が極端に低いので朝御飯はパンとかヨーグルトにコーヒーやなんかの飲み物のみ、食べても果物少し、昼は食べないか内脂肪に効くコーヒーと少しの運動、晩御飯は家族と一緒にきちんと食べるけどカロリーには気よつけるのと内脂肪に効くコーヒー。こうやって生活していたらウエスト周りから少しずつ変化し始めてきたように思います。体重的には前とあんまり変わってないですが、自分は内脂肪が沢山付いているので気よつけてと言われていたので、食事制限を始めましたが、時間はかかりますが体は壊さずに食事制限できています。

あと食事制限を始めたばかりだとどうしてもお腹がすいてついつい食べてしまうと思うので、完食するならなにかダイエット用のおやつとか果物を用意するといいと思います、いきなり食べないのではなく少しずつお腹に体になれさせるのが食欲を制御する良い方法だと思います。とお腹の中身を出せる食材をどれだけ普段の食事で取れるか?も鍵だと思います。お腹にブツが貯まるのもダイエットにも美容にもよくないので、体が慣れてくれば食欲制御できるようになれると思います。私自身はお腹パンパンになるまで食べたり、おやつバカ食いしなくなりました。

紙芝居屋さん

普段から、よく図書館を利用するのですが、先日初めて、紙芝居を借りてきました。
小学1年の次男の強い希望で、数ある紙芝居の中から、恐竜の子が主人公のお話を選びました。
実は、本や図鑑を借りてきた事は多々あったのですが、自分で紙芝居を読んだ経験はほぼありませんでした。
最初は、「どうやって読もうか?長いストーリーかなあ?」とあまり乗り気ではありませんでした。
ところが、実際に読んでみると、自然に「はじまり~はじまり~」と口をついて、息子たちの前で紙芝居屋さんになっている自分がいたのです。
読み方のコツや、ページを変えるタイミングも、裏に書かれてあるので、初心者でもそれなりにうまく話が進んでいったのでした。
しかも、読み手の方が、楽しくて面白い事に気付き、すっかりハマってしまいました。
絵本とは、また違う魅力のある紙芝居。
今後、しばらく我が家は、紙芝居屋さんになりそうです。