紙芝居屋さん

普段から、よく図書館を利用するのですが、先日初めて、紙芝居を借りてきました。
小学1年の次男の強い希望で、数ある紙芝居の中から、恐竜の子が主人公のお話を選びました。
実は、本や図鑑を借りてきた事は多々あったのですが、自分で紙芝居を読んだ経験はほぼありませんでした。
最初は、「どうやって読もうか?長いストーリーかなあ?」とあまり乗り気ではありませんでした。
ところが、実際に読んでみると、自然に「はじまり~はじまり~」と口をついて、息子たちの前で紙芝居屋さんになっている自分がいたのです。
読み方のコツや、ページを変えるタイミングも、裏に書かれてあるので、初心者でもそれなりにうまく話が進んでいったのでした。
しかも、読み手の方が、楽しくて面白い事に気付き、すっかりハマってしまいました。
絵本とは、また違う魅力のある紙芝居。
今後、しばらく我が家は、紙芝居屋さんになりそうです。