汗が気になる夏の体臭対策は制汗スプレーで決まり

暑くなると汗をかいて体臭がきつくなるイメージがあります。私は毎年夏に、自分から嫌な臭いがしていると実感しており、それを毎回制汗スプレーでごまかしています。

制汗スプレーというと汗を抑える効果の方が強いイメージがありますが、香り成分があるおかげでワキに軽く吹きかけるだけで体臭がほぼ飛んでしまい、その効果目当てで夏は多用しています。最近の制汗スプレーは香りの種類も増えていて自分の好きな香りを選ぶことができ、とても満足しています。ほんの少し吹きかけただけでも香りは持続し、香水をつけるよりも効果的だと思いました。
汗っかきの私は、制汗スプレーで汗を抑えると同時に体臭も消してます。一石二鳥の効果を得ているというわけです。

夏は特に自分の体臭に敏感になる季節ですから、制汗スプレーを常に持ち歩いて、臭いが気になった時に使うようにしています。スポーツの後などは爽快感を感じることもでき、今では手放せなくなっています。

しかし、冷感があるため寒い冬は使うことができません。冬の体臭対策は、洗濯の時に使う柔軟剤です。柔軟剤も香りの種類が多く、とても役に立っています。それから足の臭いにはつかいづらいですね。